くらしが酷い・・・

以前に比べて経済が蘇生の傾向にあるなんていう通信を見る事がありますが、
本当にそう言った傾向があるとすれば、それはほんの一部の要所・方々だけではないのでしょうか。
せめて私の友人では、取り扱いをされている方々を含めて経済が回復したなどと言ってるお客はいないし、
逆に生計が疎ましいと言っているお客がほとんどです。以前とおんなじだけ働いても給与は伸びるどころが、
前方以上に働かないとそれまでとおんなじ給与が得られないなんて言ってるお客も少なくありません。

給与は以前と貫くのに、挙がる税、そして最近ではガソリンお代もつぎつぎ値上がりしていて、
生計がつらくなる一方と言うのが現実です。でもまた近い将来また出費タックスなどが登るのではという
戯言もあったりして、想像するだけでもほんとに不満になってしまいます。
ご融資どっとこむはブラックOKか

給与や生計の周辺は十人十色ですし、生計が忌まわしいと言っても、たとえば趣味の試合やトリップなどが
今までのように行けないとか、そう言う意味のお客も要るかも知れませんが、何かデラックスをしている定義でもなく、
やっぱり生活をしていらっしゃるときのそれぞれにおいて、出金だけが多くなれば今までの生計がまわらくなってしまい、
生活苦になるばかりと見紛うのですが、逆に生活するのが大変で生活苦を感じている人間のほうが
一門なのでしょうか・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です